ClipTimer(クリップボードを定期的に自動消去)

ClipTimer(クリップタイマー) はフリーウェアです。
クリップボードの変更(コピー)を検出すると、設定された秒数後にクリップボードを自動で消去(クリア)します。機能はそれだけです。






同僚の PC を借りて作業中にペーストしたら…
  • パスワードらしき文字列が出てきた
  • プライベートなメールの文章が出てきた
なんて事も防げるかも?




■動作環境

.NET Framework Version 2.0 以上がインストールされている Windows なら動作すると思います。
※.NET Framework は Windows Vista 以上の OS に標準搭載

< 動作確認済み >
  • Windows 2000 Professional(32bit) Service Pack 4 + .NET Framework 2.0 SP1
  • Windows XP Home Edition(32bit) Service Pack 3 + .NET Framework 3.5 SP1(2.0 SP2)
  • Windows Vista Home Basic(32bit) Service Pack 2 + .NET Framework 3.5 SP1
  • Windows Vista Business(32bit) Service Pack 2 + .NET Framework 3.5 SP1
  • Windows 7 Home Premium(64bit) Service Pack 1

※動作確認は初期Verでのみ行い、それ以降は開発環境で行っています。




■インストール方法

ダウンロードしたzipファイルの中に入っているファイルを取り出してください。そのまま使えます。


■使用方法

ClipTimer を実行すると通知領域に最小化し常駐します。
通知領域のアイコンをダブルクリックするとメイン画面が表示されます。
メイン画面ではログの確認と設定変更が行えます。
メイン画面を閉じるか最小化で再び通知領域に戻ります。
通知領域のアイコンを右クリックでメニューが表示されます。

< 起動時設定 >
  • クリア間隔は 240 秒
  • クリップボード変更時の Beep 音は ON
  • クリップボード変更時の吹き出しは OFF
  • 常に前面に表示は OFF
※これらの設定を変更しても、次回起動時に戻ります。
※ショートカットを作成しコマンドライン引数で初期値を指定する事は可能です。

< コマンドライン引数の使用例 >
インターバル 300 秒, バルーン OFF, Beep ON, 前面表示 ON で起動する場合

 ClipTimer.exe -I:300 -BA:off -BE:on -TO:on
 

< 警告が表示される場合 >




以下の手順を行うと、次回から警告は表示されなくなります。
  1. ClipTimer.exe を右クリックしてプロパティを表示
  2. 『ブロックの解除』ボタンをクリック
  3. 『OK』ボタンをクリック

■アンインストール方法

インストール時に展開したファイルを削除してください。
レジストリは使用していません。


■その他

他にクリップボードを監視するソフトウェアが起動している場合、クリップボードの監視が解除される場合があります。他のクリップボード監視ソフトウェアと同時使用する場合はご注意ください。監視が解除されてしまった場合は ClipTimer を終了して再度 ClipTimer を起動してください。





■著作権/免責など

  • 著作権は当サイト(h-pg.blogspot.com)管理人にあります
  • ソフトウェアは各自の責任にてご利用ください
    ソフトウェアを利用した結果、利用者および第三者が直接的および間接的な、いかなる損害・不具合が発生した場合でも作者は一切の責任を負いません、ご了承ください
  • 個人の範囲内でリバースエンジニアリング、改変を行うのは自由です
  • オリジナルの複製(コピー)、再配布は自由です
    再配布の際は本ソフトウェアのみ配布してください
    ダウンローダーやツールバーといったソフトウェアとの抱き合わせ配布を禁止します
    再配布の連絡は不要です


■開発環境(1.1系)
OS:Microsoft Windows Vista Business 日本語 ServicePack 2
IDE:Microsoft Visual C# 2008 Express Edition 日本語 Service Pack 1
Framework:Microsoft .NET Framework Version 2.0 SP2

■開発環境(1.0系)
OS:Microsoft Windows XP Home Edition 日本語 Service Pack 3
IDE:Microsoft Visual Studio 2005 Standard Edition 日本語 Service Pack 1
Framework:Microsoft .NET Framework Version 2.0 SP2

■更新履歴
2015.08.09 (1.1.5699.3987) コピーされたデータの種類を表示
2015.06.12 (1.1.5641.14665) メイン画面の最小サイズ修正, About 画面追加しバージョン表記を移動
2014.12.15 (1.1.5462.34481) バージョンNoをタイトルから削除, 前面表示オプション追加
2014.12.06 (1.1.5453.33747) Suspend ボタン追加, レイアウト変更, ToolTip 設定, Icon 再設定など
2014.11.27 (1.1.5444.18913) Font 変更, バージョンNo表示, メニューに View log 表記
2014.11.25 (1.1.5442.42250) コマンドライン引数追加など、詳しくは「雑記」に記載
2014.03.25 (1.0.5197.35264) Aboutリンクをメニューの一番上位置に変更
2014.03.12 (1.0.5184.14751) スケーリング対応、Aboutリンク追加
2012.11.25 (1.0.4712.9654) 一時停止実装、ログ上限削除テストコード削除
2011.06.19 (1.0.4187.18201) ログメッセージ変更、テキスト選択解除
2011.06.04 (1.0.4172.20678) PCスタンバイ復帰時に監視が解除される問題対応
2011.04.20 (1.0.4127.18545) ログ上限を 16,777,216 文字(3~40万行)に設定、超過分は消去
2011.04.15 (1.0.4122.25957) 前バージョンでログが記録されなくなったバグ修正
2011.04.14 (1.0.4121.42009) 終了時 ClipboardChain, Icon リソース ,StringBuilder, 時刻取得など変更
2011.04.09 (1.0.4115.41240) 公開
2010.04.09 (1.0.0000.00000) 自分用に開発

0 件のコメント:

コメントを投稿