2012年10月3日水曜日

MEDIAS NEC-102 ほぼスマートフォン(ほぼスマホ)購入

インターネットプロバイダー BIGLOBE が『ほぼスマートフォン(ほぼスマホ)』として宣伝している MEDIAS NEC-102 を購入しました。注文してから4日後に BIGLOBE のメールアドレスに発送メールが来て、翌日ヤマト便で届きました。BIGLOBE の会員証は別途郵送で端末より先に届きました。

プランは夜間帯に使用する事は少ないと思い、デイタイムプラン(2:00~20:00、¥1,980)で申込みました。どうしても夜間帯に使いたい時は、ナイトオプションがあり1回¥315で申し込んだ時から最大6時間(2:00まで)利用可能になります。

今後もずっと20:00~2:00の時間帯を利用したい場合は後からスタンダードプラン(24時間、¥2,980)に変更可能です。なお一度スタンダードプランへ変更すると再度デイタイムプランへは戻せないので、良く見極めてからにした方が良いでしょう。ナイトオプションを頻繁に利用する様であればスタンダードプランで利用した方がお得です。

以下は項目毎のレビューです。

  • 液晶
    とてもキレイです。解像度は 480 x 854 です。自動輝度調整は周囲の明るさに応じて画面の明るさを自動調整します。
  • 本体素材
    表面はガラスタッチパネル?、裏面はプラスティック、側面はアルミだと思いますが、かなり頑丈な感じです
  • 本体厚さ
    7.9mm とアピールするだけあって薄いです。
  • 本体重さ
    軽いです。金属感というか、良い意味でのずっしり感があってプラスティック製品の様な安っぽさはありません。

    キッチンスケーラで量ったら108gでした、公式仕様だと 113g です。
  • バッテリー
    本体が薄いだけに負荷の高いアプリを使っていると3時間持たないです。通常の web サイトを見てるだけならもっと持つと思います。モバイルバッテリーがあればより安心です。
  • AC アダプタ
    結構厚みがあります。ケーブルの USB 端子付近に大きなトロイダルコアがあり AC アダプタで充電しながらの使用は本体 USB 端子に若干の負担がかかります。充電中は操作しない方が良いかもしれません。また、充電中に高負荷な処理を行うと温度上昇を検知して充電が中止されます。

    左は NEC-102 のアダプタ(5V 1.8A)、右は汎用 USB アダプタ(5V 1A)、NEC-102 の方は厚みがある分、最大供給能力(容量)も大きいです。
  • microSD カード
    試供品として Class 2 の 8GB microSD カードが本体に差し込まれていました。microSD カードは本体ソフトウェアのアップデートに必須の様です。最大 32GB まで対応しています。
  • USB ケーブル
    試供品という形で付属しています。PC と接続して USB ストレージとして使用する時や PC Link というソフトウェアを使用する際にも使います。このケーブルは PC 接続時には充電されますが、汎用 USB アダプタに繋いでも充電されませんでした。通信用の microUSB ケーブルと思われます。
  • カメラアプリ
    クイックショットを使うと撮影処理が非常に高速です。5Mのファイン画質で撮影しても1秒間隔くらいでシャッターを押せます。ただ、クイックショットだと若干画質が悪いです。標準モードで撮影するとキレイに撮れます。それでも物足りない場合は Camera ICS 等のアプリを使うとJPEG最高画質での撮影が可能です。
  • ワンセグ
    個人的には使いません。バッテリーもなくなりますからね。
  • ハードウェアキー
    電源ボタン、ボリューム調整+と-、の3つのみです。個人的にはカメラ用のキーがあっても良かった様な気もしますが、防水性能上(硬いボタン、磨耗する)頻繁に使うボタンは難しかったのでしょう。ちなみに電源ボタンの磨耗を少しでも防ぎたい場合はスクリーンロック系アプリを入れておけば、電源ボタンの操作が半分に減ります。
  • スピーカー
    音質はとてもクリアーで人の声や高音はしっかり出ます。音楽も聞けますが、ちゃんと聞きたい人は microUSB をイヤホンジャックに変換するか Bluetooth のイヤホンなりヘッドホンで聞いた方が良いでしょう。
  • テザリング
    WiFi アクセスポイントとして使用可能です。USB テザリングは使用できませんでした。Bluetooth テザリングは試せる環境がないので不明です。
  • 赤外線
    連絡先の送受信のみ対応してます。写真画像やファイルの送受信には対応してません。せっかくの赤外線ポートが勿体ないですね。メーカーさんにはぜひアップデートしてもらいたいです。
  • 帯域制限
    直近3日間で 360MB 以上通信が行われると帯域が制限される場合がある、との事です。動画閲覧やテザリングの際は注意が必要です。
  • Gmail
    Gmail の自動受信が可能です。Android 端末だと自動受信できるんですね。Gmail は Google の web メールサービスです。
  • USEN スピード測定値
    自宅で平日の夕方・深夜は1.7~2Mbps、日曜の日中は0.5~0.7Mbpsでした。土曜夕方にJR秋葉原駅の山手線ホーム上野寄り先頭付近で0.759Mbps、そのまま上野駅に移動しホームで0.7~0.9Mbpsでした。

UI は NEC が作ったんですかね?それとも Android 標準のものなんですかね?小さなところまで気が利いていて、良く作り込んである様に感じました。

この端末は NTT docomo MEDIAS WP N-06C の機能縮小版で N-06C から『おサイフケータイ』などを削りデータ通信専用の端末とした様です。周辺機器やソフトウェアは N-06C と共通の物(全く同じ?)が多いらしいです。

ちなみに NTT docomo の携帯電話で使用している FOMA SIM に交換したら、携帯電話として発着信し『音声通話』ができました。パケット通信も APN を設定すれば使えると思われますが、請求が怖いので試していません。
--追記
SoftBank の携帯電話 SIM でも『音声通話』できました。

--2013.03.31
契約してまだ半年ですが解約しました。サービスに不満がある訳ではなく、外出先でアプリを使う事もなくなってきたのが理由です。一通り遊び尽くした、という感じでしょうか、楽しかったです。入院中もとても重宝しました。端末代は0円なので残債無し、違約金は約1万円です。
今は無線Lanで使ってます。また外で使いたくなったら、今度は格安 SIM でも契約します。格安 SIM の世界では IIJ の評判が良いとか?

■関連投稿
1,000円以下の格安 SIM 比較(2013.05.09 時点)
MEDIAS N-102 充電卓上ホルダー